世界のルールは変わっても、岩宇から変わらぬ味を。 -5年目の「冬うに」プロジェクト-

PRODUCT
2020/11/18


新型コロナウイルス感染症が猛威をふるい、仕事や日常生活、コミュニケーションの方法も大きく変わった2020年。先の見えない日々は続きますが、岩宇ではこれまでと変わらずおいしい海の幸を届けるため、漁師の皆さんが頑張っています。岩宇の冬の味覚「冬うに」。今年も満を持して登場です。



技術を確立し、遜色ない品質を

2020年も残すところ約1カ月。今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、これまでの生活スタイルやルールが大きく変わる1年に。岩宇地域のベストシーズンに開催される例大祭や夏祭りは残念ながら中止となり、地域間の交流や観光に訪れる人もぐっと少なくなってしまいました。

日本だけでなく、世界中で先行きの見えない如何ともしがたい毎日が続いていますが、皆さんそれぞれの場所から「できること」で力を尽くしてきたことと思います。


ですから、せめて1年の最後には岩宇のおいしいものを味わって、心と体を労っていただきたい。岩宇地域の漁師さんたちも、おいしい海の幸を変わらず皆さんの下に届けるべく、頑張っています!



ということで、今年もやって参りました。このシーズンだけに味わえる冬の味覚、KIT BLUEの「冬うに」。端境期のウニをおいしく蘇らせる同プロジェクトは、おかげさまで5年目を迎えました。


9月から養殖が始まり、水揚げは11月28日からスタート。ウニの味を決める重要ポイントとなる餌は、岩見沢産の白菜。たっぷりと与え、身入り良く育てる籠養殖を行っています。



「5年間の継続したチャレンジで、餌の量や与えるタイミングなど養殖技術は確立したんでないかな。冬うにの特徴である爽やかな甘味と旨味、実入りも昨年と遜色ないウニに育ったよ」と太鼓判を押す古宇郡漁協神恵内ウニ養殖部会の佐藤孝次さん。今年の仕上がりに期待大です!


クリスマスやお正月に。数量限定・先行販売スタート

今年は従来の小売店・飲食店での取り扱いのほか、塩水パックを数量限定でECサイトからご注文いただけるようになりました。3パック、5パック、10パックのセットもご用意。大変お買い得です!





塩水パックは11月30日から5週間、毎週月曜日の出荷に合わせて先行予約を受け付けています。狙い目は12月の第1週、第2週、第3週。在庫に余裕があるので、おすすめです。

今年のクリスマスやお正月は大人数で食卓を囲むことは難しいかもしれませんが、ぜひ食卓メニューの一品にこの冬しか味わえない「冬うに」を加えてみてください!


【販売価格】(税別・送料別)
 1パック(100g) 3,750円
 3パックセット 10,185円
 5パックセット 16,625円
 10パックセット 31,500円


【出荷予定日/予約締め切り】
 予約の締め切りは、各出荷日の1週間前の営業時間内(平日9:00〜17:00)です。
 荒天により出荷日が前後することがあります。予めご了承ください。

 第1週出荷分:11月30日出荷予定/11月20日締め切り
 第2週出荷分:12月7日出荷予定/11月30日締め切り
 第3週出荷分:12月14日出荷予定/12月7日締め切り
 第4週出荷分:12月21日出荷予定/12月14日締め切り
 第5週出荷分:12月28日出荷予定/12月21日締め切り


 KIT BLUEオンラインショップ
 https://kitbluenet.theshop.jp/
 ※数量限定でAmazon(協力店舗:(株)沿海調査エンジニアリング)でも販売。


そのほか取り扱い店舗などの最新情報は、公式︎InstagramFacebookでご確認ください。フォロー、またはいいね!もお願いします!お得な情報があるかもしれません!?


岩宇のおいしいもの、続々。

これまでKIT BLUEの商品は道内小売店や道の駅などを中心に展開していましたが、「まずは試してみたい」「コロナでなかなか現地に行けない」という声にお応えし、皆さんにより手軽にお買い求めいただけるようオンラインショップも充実させていきます。






現時点での取り扱いはKIT BLUEのオリジナル商品である「宮比」シリーズ(乾燥ナマコ、スキンケアグッズ)と「冬うに」がメインですが、地域の水産加工品も順次ご紹介。


また、「岩宇の特産品×加工×食」のかけ算で開発した新商品も近々お披露目します。新商品については、オンラインショップにてご購入いただけるように準備いたします。お楽しみに!


(株)KIT BLUEはこれからも「幸を価値に。」のスローガンを胸に、岩宇のおいしい魅力をお届けしていきます。



————————————————————————————
\商品の最新情報はこちらから/ ▶︎Instagram ▶︎Facebook


\冬うにプロジェクトについて知りたい方はこちらから/
▶︎地域の未来に繋げるウニ漁を。神恵内村漁師たちの冬ウニ作り
▶︎「冬うに」が地域を結び、人を繋ぐ。ープロジェクト4年目の集大成ー