「水」で地域の価値をつくる。

川南 拓丸さん / 岩内町地場産業サポートセンター 技師

Q. 「岩内町地場産業サポートセンター」では、
どんなことをするのですか?

食品製造業の支援や、深層水による既存産業の活性化、新規産業の創出を目指しています。その中でも私の仕事は、岩内町の伝統的な水産加工業者さんが「商品をつくりたい!」というときに技術支援をしたり、養殖などの水産物への深層水の活用、お客さんが安心して深層水をくむことができるように、施設の管理などをおこなっています。また、深層水を多くの人に知っていただくために「深層水まつり」を開催しています。

Q. 地域の魅力は何ですか?

地域を彩る魅力を持つ人たち。「現状を変えたい!」と動き出している人達が、町村という枠を通り越して、新しいコトを起こしています。ただ、日々に追われて限界を感じて拡大できない、うまく外の人に魅力的に見せる方法がわからないなどで悩んでいる人も多いと思うので、キットブルーにはそういった人たちをうまくつなげてもらえたらいいなと思っています。そういう大人のコミュニティが生まれることで、地元の若者たちが「自分たちでもやってみよう!」と思う、チャレンジにあふれた地域になってほしいです。

日本海岩内海洋深層水
低温、清浄、ミネラル豊富な特性があり、さまざまな分野で活用されています。道内海産物を生きたまま輸出する活輸送、数の子の下処理・塩水ウニ製造などの水産利用を中心に、農業、飲食、化粧品などで幅広く活用されています。

こちらもご覧ください